14日目 まるでパラダイス (2012.09.04)

出発地:オンタナス Hontanas

目的地:ボアディーリャ・デル・カミーノ Bodilla del Camino

距離:28km

宿:€6


南京虫が気になって、夜中に何度も目が覚めてしまった。

 

夜中に「ボス」っという音と共に、ハーフムーンがベッドを殴っていた、、、

相当ストレスがたまっていて、寝ている間に寝ぼけて発散していたのかな、、、

大丈夫かな、ハーフムーン。

 

 

と、心配したけど、朝起きて話したら、

ベッドに南京虫がいて、潰した音だった。

 

 

よかった、殴っていたわけじゃないのね。

 

 

でも、本当にいたんだ、南京虫。

刺されていないといいけど、、、

 

 

 

結局、5時には目が覚めてしまい、6時前に歩き始める。

 

宿の人も誰も起きていないので、すごく静か。

DSC05290.jpg

 

IMG_0156.jpg

 

街灯もなく、月明かりだけで歩く。

 

 

 

怖い

 

 

 

周りには誰もいない。

 

 

 

怖い

 

 

 

そうしたら、

 

 

 

カチーン

 

 

 

カチーン

 

 

 

という杖の音が。

 

 

 

あ!ビーバーの杖の音だ!w

 

 

 

少し会話をして、ビーバーは先に行く。

 

 

 

スタートして早々に遭遇!

よし!ストーキング開始!

 

 

 

一緒に歩きたいけど、道は狭いし暗いし、

ビーバーのペースは早いので、断念。

 

 

 

ま、これくらいから見ている方がちょうどいいかも。

 

 

 

こちらは、サン・アントン修道院跡。

IMG_0162.jpg

 

立派なアーチは健在。

IMG_0163.jpg

 

目の前に立ちはだかる小高い丘。

先ほど、後ろから来たチョコさんはこの丘から朝日が見たいからと、

足早に歩いて行った。

IMG_0173.jpg

 

屋根の装飾

IMG_0174.jpg

 

振り返ったら、東の空が赤くなってきた。

IMG_0175.jpg

 

あ~、あの丘から朝日見たかった!

IMG_0177.jpg

 

10kmほど歩いて、Castrojerisの街に到着。

IMG_0181.jpg

 

雲が多くて残念。

ここで小休憩。

IMG_0183.jpg

 

まっすぐ伸びる影。キレイだな~

IMG_0190.jpg

 

ひまわり畑

IMG_0193.jpg

 

小高い丘を登ったら、、、

IMG_0203.jpg

 

絶景が!!!!

IMG_0209.jpg

 

これがメセタ(乾燥高原)か、、、

IMG_0210.jpg

 

こういう景色見ながら、ヨガと瞑想やりたいな~

でも、今回は休憩のみ。

それでも、すごくリラックスできた。

 

巡礼者のメッセージが残ってる。

世界遺産にラクガキするのは許せないけど、

ここは”ラクガキ”でなく”メッセージ”と思える。

IMG_0211.jpg

 

丘の上でゆっくりしていたら、後ろから続々と人がやってきた。

IMG_0213.jpg

 

Burgosからスタートする人も多く、初めて見る人がたくさんいた。

 

ここでちょっと巡礼ルールのお話。


私は、フランス人の道800kmを一気に歩くけど、

ヨーロッパの人は2週間くらいの休暇で来て、

今年は○○から○○まで歩いて、来年続きを歩く。

といったように、小分けに歩く人も多い。

その小分けにする大都市の一つがBurgos(ブルゴス)なのです。


初めて会う人と少し会話しながら歩く。

 

初対面のときは、たいてい同じ内容。

 

・出身は?

・どこからどこまで歩くの?

・何日目?

・痛いところない?

・今日はどこまで歩くの?

 

この手の、巡礼質問をして、、、それから日本の話

 

・日本のどこ?

・宗教は?

・なんで日本人て”無宗教”が多いの?

・”無宗教”の君が何で歩いてるの?

・大地震のあとの日本てどうなの?

 

と、日本に興味を持っている人は、たいていこの話。

 

地震の影響で”日本”という存在が世界中に知られたことを実感する。

そして、報道から”辛抱強い”という好印象を持ってくれている人が多い。

ただ、原発問題になると、ほとんどの人が”チェルノブイリ”の

二の舞になることを懸念する。

 

私も勉強不足で深く突っ込んだ話はできないけど、

日本の今後が世界から注目されている。

日本人として、しっかり現実を見極めないと、と思う。

 

 

今日話していたイギリス人ご夫婦は、日本にも来たことがあって、

日本に対してすごく好印象だった。

ありがたいお言葉です。

 

 

やっぱり、足の付け根が痛い、、、。

IMG_0217.jpg

 

ブルゴス県とパレンシア県の県境となっている川を渡る。

IMG_0218.jpg

 

お!ビーバー発見!

でも、彼はこの辺りで休憩中なので、挨拶だけして通り過ぎる。

IMG_0221.jpg

 

20km地点の街Itero de la Vegaに到着!

カフェを見付けて休んでいたら、ハーフムーン登場!

 

あれ?私より先に出なかったっけ??

どうやら、暗くて道に迷ってしまったそう、、、

お疲れさまでした。

 

カフェから約8kmはハーフムーンと一緒に歩く。

IMG_0224.jpg

 

覚悟していたけど、日陰もなくて辛いわー

IMG_0227.jpg

 

帽子をなくしたので、インドでやっていたように、

スカーフを顔に巻いてサングラスして、日焼け対策。

 

 

「マイさん、誰ですか?」

 

 

と、ハーフムーンに言われた。

 

 

辛かったけど、無事Bodilla del Camino(ボアディーリャ・デル・カミーノ)

に到着!

 

 

いつも通り公営の宿に行く。

そこには、誰もチェックインしておらず、中を見せてもらったら、

古くて暗くて狭い宿。

 

昨日から南京虫の存在にビクビクしている私たちは、

逃げるようにして私営の宿へ。

 

そこは大きな中庭と緑の芝生、プールもあって、

まるでパラダイス!!!!

DSC05293.jpg

 

ビーバーもここに泊まってた!

ふふふ

 

ちょっとボケボケだけど、今日も2段ベッドじゃない!

※それにしてもベッドの上汚いな

IMG_0233.jpg

 

ベッドの上で荷物を整理していたら、

 

 

 

大事なクレデンシャル(巡礼証明書)がない!!!!

 

 

 

どうしよう!

 

 

 

せっかくの思い出が!!!!

 

 

 

と、一人焦っていたら、、、

 

 

 

 

お尻の下にありましたw

 

 

 

 

一人、あたふたしていたら、ハーフムーンがニヤニヤして、

 

 

 

「マイチュー、どうしたんですかぁ~?」

 

 

 

マヌケなことをした時の私のあだ名は、ビーバーの本名から一文字とって、

“マイツー”から、派生して、

 

“マイチュー”

※韓国版ハイチュー

 

となったのでした。

 

 

 

ちなみに、ハーフムーンさんも、なかなかのおマヌケさん。

巡礼路でなくしたものは数知れず。

 

ビーバーのこと、マヌケ扱いしているけど、

実際は、私たちの方がマヌケだな。

 

 

 

さて、シャワーが混んでいたので、空くまで一人でヨガ。

じっくりしっかり伸ばす。

久しぶりにしっかりやった。

 

空いてきたので、シャワー浴びて、洗濯して、

ヨガやろうとしたら、ハーフムーンは爆睡。

 

他の友だちも、疲れて寝ていたので、

ヨガやろう!と張り切っているビーバーと二人きりで。

 

 

 

ドキドキ

 

 

ドキドキ

 

 

あれ?

 

 

ドキドキ、、、

 

 

しない、、、

 

 

いつもみんなといると緊張するけど、

二人だけだと、すごく落ち着く。

 

 

この前二人だけで歩いた時も感じたこの空気感。

 

 

ヨガでお互いの呼吸が合っているからなのか、

似た空気を発しているからなのか、

この土地がいい気を発しているのか、

 

 

とにかく、すごく穏やかな時間だった。

 

 

 

 

 

幸せだな~

 

 

 

 

 

と、ビーバーとの穏やかな時間を過ごしていたら、、、

ビーバーの硬さに見かねたリタ(べルギー人のおばさま)がサポートに入り、、、

 

 

「リタ!よかったら太極拳のレッスンやってよ」私

 

 

とお願いしたので、急遽、太極拳のレッスンに早変わり。

初めてなので、リタの呼吸に合わせて見よう見まねでやってみる。

 

 

 

ビーバーやっぱり、不器用w

かわいいな~

 

 

 

最初は、一生懸命ついてきていたビーバーも、

諦めたようで、さーっといなくなってしまった。

 

 

20分くらいのレッスンを終えた頃には、太ももがパンパン。

あれは、足腰の強化にはすごくいいな。

足の付け根の痛みも少しひいてきた。

 

リタ、レッスンありがとうございました!

 

 

 

昼寝から目覚めたハーフムーンと街プラ。

といっても、何もない小さな街だった。

 

本日のアイスクリームはマグナム€1.80

 

 

本当にステキなお庭。

IMG_0236.jpg

 

涼しいのでプールに入る気にはならないけど、足だけ浸けてクールダウン。

DSC05295.jpg

 

それから、芝生で寝転んで日記。

横でハーフムーンがスペイン語の勉強していた。

 

 

 

 

 

暖かな日差し

心地よい風

平和な穏やかな雰囲気を発する大好きな仲間たち

 

そして、同じ空間にいるビーバー

 

 

 

ものすごく幸せ

 

 

 

この時間が一生続けばいいのに

 

 

 

と思った。

 

 

 

夕飯は宿の巡礼者メニュー €9

 

ひよこ豆のスープ

にんにくスープ 「Sopa de ajo(ソパ・デ・アホ)」 これがうまい!

メイン 私は魚のフライ

デザート アイスクリーム

パン

地元の赤ワイン

DSC05298.jpg

 

今日は、目の前にビーバーはいないので、

完食しました!w

 

隣りにいたドイツ人男性(名前うろ覚え)が、

すごくおしゃべりで、しかも日本と私の旅にすごく興味を持ってくれて、

食事中ずーっと話してた。

 

楽しい夕食の一時でした。

ワインもおいしかった~

 

 

ちょっとほろ酔いで夕日を見に行く。

IMG_0239.jpg

 

今日は期待できそうな夕日。

IMG_0240.jpg

 

外に出ようとしたら、

 

 

「マイーーーーー、見てご覧!!鳥の巣だよ~」

 

 

と、ビーバーが目をキラキラさせて話しかけてきた。

 

 

「あ~、本当だ~」

 

 

と、反応したけど、なぜそんなに目をキラキラさせているのか、分からない。

IMG_0241.jpg

 

 

あとで知ったことだけど、多分あれはコウノトリの巣。

スペインではあちこちに見かけたけど、

ドイツにはないので、すごく珍しいらしい。

 

それを見付けたので、あんなに目をキラキラさせていたんだと思う。

憶測だけど、、、

 

 

 

一緒に夕日見に行きたいな~と思ったけど、

鳥の巣に好反応を示したおばあちゃんに対して、親切に話し始めた。

 

 

 

ビーバーのこういう所が好き

 

 

誰に対しても、すごく親切で真剣に対応する

 

 

時に真剣過ぎて、相手がちょっとうんざりしている時もあるけどw

 

 

でも、人の良さがにじみ出ていてビーバーを嫌いな人はいないと思う

 

 

 

話が長くなりそうだったので、私は一人夕日を見に行く。

 

広く高い空に沈んで行く太陽。

雲が絵になる。

IMG_0245.jpg

 

街側を振り返る。

IMG_0252.jpg

 

北方向

IMG_0254.jpg

 

 

この街、すごく好き。

 

先日までのトゲトゲしていた自分がウソのように、

穏やかな自分がいた。

 

 

 

帰って、寝る準備していたら、隣りのベッドに夕食時に会ったドイツ人男性。

 

彼は、話しているこちらがうれしくなるような、

いい反応と絶妙な相打ちをしてくれる。

 

 

 

やっぱり男性はこうよね~

 

 

これくらい気が利かなきゃ~

 

 

 

と、久しぶりの感覚を思い出す。

 

 

 

そういえば、ビーバーとはここまで私自身の話で盛り上がったことはない。

彼は、女の子を楽しませようという気は回らない。

不器用で気が利かない。

 

 

 

モテないだろうな~

 

 

 

なんて思ったけど、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!ただ単に私に興味ないだけか!

 

 

 

 

 

 

 

という結論に至ったのでした。

 

 

おやすみなさい、、、

Leave a Reply