35日目 巡礼者が激減 (2012.09.25)

出発地:サンティアゴ・デ・コンポステーラ Santiago de Compostela

目的地:ネグレイラ Negreira

距離:22km

宿:€5


本日からまた歩き始め。

 

目覚ましがならず、起きて焦ったけど、待ち合わせには間に合う時間だった。

 

7時半から朝食を食べ、8時に出発。

食堂でヘレナに会って、お別れを言う。

 

 

何度も言うけど、ヘレナの笑顔は本当にステキでかわいくて、

人を幸せにする笑顔だった。

 

 

いつも、笑顔をありがとう!

 

 

 

まだ、暗い中スタート。

今までで一番寒い朝。

IMG_0758.jpg

 

 

ここでこれから向かう巡礼路に関しての補足説明


これから向かう、Finisterra フィニステーラは、

スペインの最西端にある岬。

 

ここは、地の果て(Fin de la tierra)という意味を持つ。

中世ではこの地が生と死の境となる場所と考えられていた。

※新大陸が発見される前

 

巡礼の旅の締めくくりに昔の人は、まず海で身を清め、身に付けていた衣服を燃やし、

西の果てに沈む太陽を眺めて、古い自分に別れを告げたという。

 

※ガイドブック参照

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラからフィニステーラまで約3日、

そして、もう一つ、キリスト教の伝説の残る岬Muxiaまで1日を歩く。

 

9/29にサンティアゴからバルセロナに飛ぶハーフムーンと、

10/1にサンティアゴからザルツブルグに飛ぶビーバー。

日程は決まっていないけど、サンティアゴから南下してポルトガルへ行く予定の私。

 

それぞれの場所までバスで行くことも可能だけど、

日程に余裕のある私たちは全ての行程を歩くことにした。

 

スタートした時の予定では、サンティアゴ~ムクシア~フィニステーラの予定。

 

ちなみに、チョコさんも歩く。サンティアゴからは彼女も一緒に、、、。


 

街の中は黄色い矢印を見付けるのが難しい。

でも、前日チェックしておいたので、問題なし!

IMG_0761.jpg

 

街を抜けると、矢印がたくさんあって、迷わずに済む。ありがたい。

FinisrerraでもFisterraでもどちらでもいいらしい。

IMG_0763.jpg

 

街を抜け、緩やかで長い上り坂を登り、振り返るとそこには、

カテドラルがお目見え。

IMG_0764.jpg

 

この道を歩く人は激減する。

ほとんどの人がバスで向かうか、サンティアゴ・デ・コンポステーラで巡礼を終えるから。

2時間ほど歩いていて、すれ違ったのは、わずか数名。

IMG_0768.jpg

 

私も、歩き始めた時は、このFinisterraの存在すら知らなかった。

でも、存在を知ってからは、ここへ向かうのが当たり前のように感じた。

 

 

 

2時間ほど歩いて、カフェ休憩。

ここでアジア人のおばさまがいたので、話しかけたら韓国人だった。

彼女は2日間でフィニステーラまで行くらしい。

パワフルだな~

 

カフェでお別れする時に「Buen Camino!」と言ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

「Buen your life!(よい人生を)」

 

 

 

 

 

 

 

と返ってきた。

 

粋なおばちゃんだな~

 

 

 

カフェ休憩を終え歩いていたら、本格的に雨が降り出した。

巡礼中始めて完全防備の雨対策をした。

IMG_0772.jpg

 

防水ジャケット、防水ズボン、防水バックパックカバー。

レインズボンは、一度も履かなかったので、

「これはいらなかったな」と思ったけど、

出番があってよかった。

 

そう考えると、今までの道は天気に恵まれていたんだな。

 

 

 

ビーバーも、

DSC05467.jpg

 

ハーフムーンもいつもと違う色なので、なんだが新鮮。

DSC05468.jpg

 

 

 

メェ~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_0774.jpg

 

 

18kmほど歩いて、14世紀に造られたマセイラ橋に到着。

あと、残り4km

IMG_0782.jpg

 

紅葉?

そういえば、道に栗がたくさん落ちていたな。秋なんですね。

IMG_0784.jpg

 

でも、隣りではあじさいがw

日本の感覚からすると、ちょっと変な気分。

IMG_0787.jpg

 

 

 

今日は、最初は歩き慣れていないのに、急に上り坂から始まってぐったり。

それでも、途中から調子が出てきて、サクサク歩けた。

 

今日は3人で一緒に歩いていたけど、そんなに言葉数も多くなく、

みな黙々と歩くことが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

そう、Caminoは、自分の道なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーと二人だけだったら、私はビーバーに

ペースを合わせていたかもしれないけど、、、

 

 

 

でも、彼は今はそれを求めていない気もする。

私との一定の距離を保とうと努力している気もする。

それが発する空気でわかるので、私も彼を理解し大人しくする。

 

 

 

 

 

 

 

私って大人

 

 

 

 

 

 

 

と、そんな自分に酔うw

 

 

 

そして、1時ごろNegreiraネグレイラ到着!

宿は、街のはずれなので、先にスーパーで買い出ししてから向かう。

 

 

 

 

 

買い出しした荷物を3つに分けたのに、

手ぶらで歩き始める”マヌケスト”ビーバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おい!そこのデカイやつ!普通気付くだろ!」私の心の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、文句を言ってやりたい気分だったけど、

この”荷物持つ持たない事件”は過去にも多々あったので、

素直に、

 

 

 

 

 

 

 

「ビーバー、持ってよ~」私

 

 

 

 

 

 

 

 

と、お願いした。

 

 

 

私が一緒に歩いた外国人が異例なのかもしれませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

確実に日本人の男子の方が荷物を持ってくれます!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、今流行の草食男子は知りませんが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、韓国人の男子も持ってくれるそうです!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、日本人には日本人がいいのかしら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事宿にチェックインして、シャワーを浴びて、洗濯。

この時、宿にあった石けんを使って洗濯したら、後日手が荒れた、、、。

 

 

 

ちょっと晴れて来たので、ハーフムーンは街へ買い物へ。

私は、身体をほぐしたり、本を読んだり、日記を書いたり。

 

 

 

小1時間して帰ってきたハーフムーン。

街でチョコさんカップルに遭遇したらしい、、、。

やっぱり、この方たちはタイミングで合ってるんですね、

 

 

 

夕方から、買ってきた食材で夕飯。

ひよこ豆のサラダとパスタ。

3人で食べるには多すぎる量だったけど、完食しました!

DSC05472.jpg

 

 

昨日のテンション低めのビーバーも夕方くらいにはどこかへ行ったらしく、

だいぶ普通通りに戻ってきたので、一安心。

 

でも、二人きりになるのは、ちょっと避けているような気がする。

 

真相はわからないけど、そんな空気感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、しょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、やっと、司馬さんの『南蛮をゆく』を読み終えたので、宿に寄付。

時間をかけて読んでいたので、前半部分は全然頭に残っていない、、、。

司馬さんの本は何冊も持っているし、何冊も読み始めるけど、

いつも挫折してしまう、、、また、いつか買って読み直します。

 

 

 

夜は、一人溜まった日記を書き終えた。

だいぶ、書き漏れていることがありそう。

※その漏れが今ブログを書く時にひびくのです

 

 

 

今日は、ビーバーのテンション低めに流されて、

私もそこまで上がらず、、、

 

 

 

 

でも、変に上がって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「enough!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

って言われる方がイヤ。

 

そこまで、突き放されてはいないから、良しとしましょうか。

 

 

 

おやすみなさい、、、。

Leave a Reply