36日目 最後に大雨 (2012.09.26)

出発地:ネグレイラ Negreira

目的地:オルベイロア Olveiroa

距離:33km

宿:€5


今日は6時過ぎに起きて、7時ごろ3人揃ってスタート。

 

雨で外に洗濯物は干せなかったけど、どうにか着られるくらいに乾いていた。

ものすごく寒いし、小雨も降っているので、完全防備の雨対策で歩き始める。

 

本日は33kmと長距離な上に天気悪く、あまり元気が出ない。

しかも、歩き始めは真っ暗で、道も狭くて怖い。

 

思わず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「無理無理(こんな暗い道)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、日本語で言ったのに、ビーバーは気付いたらしく、

優しく手を握ってくれた。

 

ハーフムーンがすぐそばにいるけど、、、ま、いいか。

もう、全部知ってるし。

 

 

 

 

 

 

 

やっと明るくなってきたけど、太陽はいない、、、。

IMG_0791.jpg

 

しばらく、舗装された道をゆく。

IMG_0794.jpg

 

何気なく、写真を撮っていたら、ニコニコビーバーが、

「マイーーーー、何撮ってるんだよ~~~~~(ニヤニヤ)」と。

IMG_0796.jpg

 

何のことだか、サッパリわからなかったけど、

上の写真をよーく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

街の名前が「PORNOS」と書いてあったのですw

 

 

 

 

 

 

 

「中学生か!」と突っ込み入れたくなったけど、かわいいから、許す!

 

 

 

 

わ~~~~~、大きな虹~~~~~

IMG_0800.jpg

 

2時間ほど歩いて、カフェ休憩

DSC05477.jpg

 

私とビーバーはビール。

ハーフムーンはCola Cao(ミロみたいなココア)

DSC05479.jpg

 

 

 

休憩している最中から雨が本格的に振ってきた。

 

すぐやむと思ってそのまま歩き続けたけど、

全然やまない、、、。

 

でも、雨宿りする場所もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何これ~~~~~~~~~~~~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、叫びながら大雨の中必死に歩く。

 

 

 

後ろを振り返ることもできず、ひたすら歩く。

 

 

 

超ハイペースで歩く。

 

 

大雨の中歩き続けること、30分くらい?1時間くらい?

ちょっと雨が弱くなってきた、、、

 

 

 

やっと後ろを振り返れるくらいの余裕が出てきたので、

後ろを振り返ったら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーがいたw

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと、後ろを歩いてくれていたみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、雨も上がり、晴れ間が見えてきた。

IMG_0807.jpg

 

雨対策はバッチリだったので、服は濡れていないけど、

カメラの入ったサブバックはびっしょり。

ビニールを持っていなかったので、

カメラを守るのに必死だった。

 

 

 

歩いている時は必死過ぎて意識しなかったけど、

今、こうして写真を見ると畑が緑だったんだ、、、と気付く。

IMG_0814.jpg

 

メセタとは大違い。緑豊かなガリシア。

※でも、実際歩いているときは自覚なし

IMG_0821.jpg

 

IMG_0824.jpg

 

なんだか、アジアの米所のような風景。

※こちらも、自覚なし キレイだな~と思って撮っただけ

IMG_0829.jpg

 

33kmと遠かったのに、ものすごい早さで歩いたみたいで、

1時過ぎには、Olveiroa オルベイロアに到着。

IMG_0837.jpg

 

公営の宿のレセプションはシエスタ中だったようで、スタッフはいないけど、

勝手に部屋に入ってチェックイン。

自由だな。

 

シャワーが一つしかなくて、混んでいたので先に洗濯。

そうしたら、シャワーを浴びたビーバーがやってきて、隣りで洗濯。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう風にタイミングがいつも合っていたんですよね。

ビーバーとは、、、。

 

 

 

特に約束したわけではないのに、偶然会う。

 

 

 

ハーフムーンとは、約束しても会えないこともあったのに。

 

 

 

 

 

 

 

なーんてことを考えながら、洗濯。

 

 

 

横のビーバーに下着が見えないようにコソコソ洗濯。

 

 

 

それなのに、排水溝のつまりを比べたいのか、

私の洗濯所?(うまい表現が見当たらない、つまり洗濯用の流し)を

じーーーーーーーーーーーっと、見てくるビーバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちょっと!私のパンツとブラジャー見えちゃうでしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

なーんてことは言えない、、、。

もし言ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

「マーイー、見てないよ~。何言ってるんだよ~(ニヤニヤ)」

 

 

 

 

 

 

 

って、バカにされるんだろうな~

 

 

 

 

 

 

 

 

いかんいかん、また妄想タイム突入してしまった。

 

 

 

洗濯を終え、シャワーを浴び、もう一度洗濯して、

近くの私営の宿へ夕飯の買い出し。

 

ここで、とりあえず、ビールを飲み始める。

最初は3人だったけど、ビーバーは宿へ戻る。

 

 

 

そして、また来る。

 

そして、また戻る。

 

そして、また来る。

 

 

めっちゃうろうろしているビーバーw

 

 

 

かわいい。

 

 

 

そうこうしていたら、チョコさんカップル登場。

彼女は、めっちゃぐったりした顔している、、、。

 

そりゃそうですよね。今日は雨で辛かったもん。

慣れている私たちでもキツかったのに、

巡礼2日目でこれじゃイヤになるわ、、、。

 

なんとなく、よそよそしいチョコさん、、、。

 

 

 

夕飯は、ビーバーセレクト。

「マイがひよこ豆が好きだから」と言って、選んでくれたらしい。

※ハーフムーン談

 

レトルトのスペイン料理(名前失念 ひよこ豆と豚肉の脂身の料理)

オリーブ、赤ワイン 適当なコップがないので、何かの空き瓶で飲むw

DSC05483.jpg

 

あまり食事風景を写真を撮っていなかったけど、

そろそろ最後の思い出作りのためマメに撮る。

 

 

 

 

夕食後、洗濯物が乾いてないので、

私営の宿まで行って、乾燥機をみんなでシェア。

 

 

待っている間にビール。

寒さの苦手なハーフムーンはココア。

この寒さで耐えられなかったら、真冬のソウルではどうなっているのでしょう?

 

 

 

 

ビーバーとビールをシェアしていたら、

話しに夢中になって、ビールこぼしてた、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに見た!”マヌケスト”!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い寒いと言っていたので、私のインドで買ったショールを貸してあげた。

「クリスチャンが、ヒンドゥー教の、、、(ゴニョゴニョ)」

やっぱり、異境への敵対心(?)みたいなものがあるみたいですね。(きっと)

 

 

 

 

 

 

話していたら、チョコさんカップル登場。

明日は、Muxiaに行く予定だったのに、

なぜか、ビーバーとチョコさんは話しが盛り上がり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Finisterraに変更している?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まー、私はいいけど、、、ハーフムーンはスケジュールに余裕がないんですけど、、、

 

 

 

「大丈夫です。もともとはMuxiaは行く予定じゃなかったんで、、、」

 

 

 

ということで、ビーバーの一存で、

明日Finisterraに行き、2泊して私とビーバーはMuxiaへ。

ハーフムーンとチョコさんカップルはFinisrerraで巡礼を終えることになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいんです!

 

私は金魚のフンになると決めたんで!

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ本当の終わりが近付いてきた。

 

実感が湧かないし、終わらせたくない気持ちでいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

みんなで宿に戻ってそれぞれベッドへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のベッドの上は、チョコさんの彼女。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーンのベッドの上は、、、チョコさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

この人たちも、すごくタイミングが合っていたんですよね、ずっと。

 

 

 

神さまは、私たちに何の試練を与えようとしていたのでしょう?

 

 

 

今日は、わりと穏やかな一日でした。

雨が強過ぎて、ブルーになっている暇がなかった。

 

 

 

おやすみなさい。

Leave a Reply