37日目 地の果て (2012.09.27)

出発地:オルベイロア Olveiroa

目的地:フィニステーラ Finisterra

距離:34km

宿:€10


6時に起きて、7時にスタート。

最初は3人で歩き始めたけど、すぐにカフェでチョコさんカップルと会って、5人で歩く。

 

相変わらず、ビーバーはチョコさんと話しながらズンズン先へ行く。

 

私はそんなビーバーに慣れているけど、

巡礼に慣れていない彼女は、どんどん距離が広がっていって、

なんだか、ものすごい負のオーラを発し始めた。

 

 

 

「大丈夫?」

 

 

 

と、優しい声をかけてあげたいけど、

なんとなく、どう接していいのかわからず、、、

私も黙々と歩いてしまった。

 

ごめんね、チョコさんの彼女

※名前を失念 ホント、失礼ですよね

 

 

 

もちろん、彼女とハーフムーンが仲良く話すわけでもなく、、、

頭にう○この詰まった男どもは、気が利かないまま前を歩き、

気まずい雰囲気で後ろを歩く女子たち。

※気まずいと感じているのは私だけかもしれないけど、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、巡礼は自分の道だし!

 

 

 

 

 

 

 

と、割り切って、黙々とハイペースで歩く。

 

 

 

途中で「あ、彼女忘れてた!」といった感じで、

ようやく後ろを振り返ったチョコさんは、彼女のペースで歩き始め、

私たちとは別々になった。

 

 

 

ハーフムーンは、こんなアヒルさんみたいな、

かわいい格好でヒョコヒョコ歩き、途中でカフェ休憩をとり、別々になった。

DSC05487.jpg

 

早々に、ビーバーと二人きりになる。

なんだか、久しぶりだな、二人で歩くのは。

 

 

向こうに見える風力発電。

IMG_0856.jpg

 

雲の中を歩いているような感覚。

IMG_0860.jpg

 

すごく幻想的だった。

IMG_0861.jpg

 

2時間ほど歩いて、FinisterraとMuxiaへの分かれ道。

私たちは左へ行く。

IMG_0865.jpg

 

ハーフムーンはおっちょこちょいだから、ちゃんとこの分かれ道で、

Finisterra方面へ来るのか心配していた。

 

実は、何も考えずにまっすぐ(Muxia方面)歩こうとしていたハーフムーンを、

たまたま近くを歩いていたチョコさんが、きちんと誘導してくれたらしい。

 

やっぱり、ハーフムーンの巡礼路にはチョコさんが不可欠だったんだな。

 

 

 

太陽が見えてきた。

IMG_0866.jpg

 

でも、私のSunshineは、またしても”近付かないでほしい”オーラを発し始めた、、、。

IMG_0868.jpg

 

こうなったら、私は何もできない。

何もしない方がいいと承知しているし、

拒否された時のショックが大きいので怖くて何もできない。

 

いつもだったら、イヤホンを付けて音楽を聞いて自分の世界に入るけど、

イヤホンはなくしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

イヤホンで逃げないためになくしたのかな?

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを考える。

 

 

 

私は私の道をガシガシ歩く。

 

昇りが得意な私は上り坂でビーバーの前を歩き。

下り坂で抜かされる。

 

追い越し追い越されを繰り返していたら、

今度は”超さみしい”オーラを発してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう、どうしちゃったの?ビーバー。

離れていったのは、そっちでしょ?」私の心の声

 

 

 

 

 

 

 

と、思いながらもガシガシ近付いていって、

ドキドキしながらもビーバーの手を握ったら、

優しいビーバースマイルでこちらを向いてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーもきっと、心の中でいろいろ葛藤しているんだな。

 

 

 

 

 

 

 

直接聞いたわけじゃないけど、発する空気でわかる。

 

 

 

ビーバーが、「あ!海が見えてきたよ」と、興奮し始めた。

IMG_0869.jpg

 

「え?どこどこ??」状態の私。

そうだよね、私よりも30cmも背の高いから先に見えたんだね。

IMG_0872.jpg

 

ようやく私の視界にも海が見えてきた!

IMG_0873.jpg

 

 

 

「海はどれくらい振り?」ビーバー

 

 

 

「スペインに来る前に韓国で見たから、

約1ヶ月ぶりくらいかな」私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「へ~、そうなんだ。僕は7年振りだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マジで?!?!?!?!」

 

 

 

ビーバーの発言は衝撃的だった。

 

日本人の私からしたら、海はすごく身近だけど、

ドイツ南部の山に囲まれた所で育ったビーバーにとっては、

海はすごく特別な存在だったんだ。

 

 

 

背伸びしなくても、海が見える所までやってきた。

IMG_0878.jpg

 

とうとう、地の果てに近付いてきたんだ、、、。

IMG_0883.jpg

 

Ceeの街に到着。

IMG_0889.jpg

 

“923”の文字が。

私たちがサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着した記念日。

IMG_0890.jpg

 

7年振りの海をじっくり堪能するビーバー。

IMG_0895.jpg

 

教会の前でチョコさんカップルと合流。

IMG_0898.jpg

 

 

 

ここでカフェ休憩を取ろうとするビーバーとチョコさん。

でも、先に進んだらしいハーフムーンのことが気になって、

私は休憩せずに歩きたかったけど、

 

 

 

「ハーフムーンはいつも公営の宿に泊まっていたでしょ。だから会えるよ。」

 

 

 

と、説得されて、大人しくカフェで休憩することに。

 

 

 

カフェに入ったら、Rabanalで出会った韓国人のスーがいた!!!!!!

ここへ来るまでの道で、スーを思い出し「サンティアゴで会えなかったな~」

と思っていた矢先だったので、勝手にミラクル!!と興奮した。

 

 

 

スーはバスでCeeまで来て、これからFinisterraまで歩くと言う。

再会できた喜びで、一緒に歩こうと誘った。

 

スーと再会できて、ちょっと元気は出たけど、

ハーフムーンのことが気になって元気が出ない、、、。

 

ビールとサンドイッチを食べながら、ふと横を見たら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

「キャ~~~~~~~、先に行っちゃったかと思ったよ」私

 

 

 

「先に行こうと思ったんですけど、海がきれいだったんで、海岸で休んでたんです。

それで、今日はこの街に泊まろうかな?と思って、、、

最後にカフェ行ってから宿に向かおうと思ったら、マイさんがいましたw」ハーフムーン

 

 

 

「そうだったの?大丈夫?具合悪いの?でも、会えてよかった~」私

 

 

 

こんな会話前にもしたよな。

どうやら、ハーフムーンは私から逃れられない運命のようですw

 

 

とりあえず、カフェで休憩し、6人で歩き始めた。

 

 

海岸沿いでリゾート風な雰囲気のCee。

IMG_0903.jpg

 

スーはこの街をもう少しゆっくり見たいといい、

海岸へと向かって行きました。

 

 

しばらく3人で歩いていたけど、体調が悪いハーフムーンは、

ちょっと休憩すると言って別々になった。

離れても会えると信じてますw

IMG_0911.jpg

 

しばらく、普通に歩いていたのに、またまた変なオーラを発し始めたビーバー。

もう、こんなに距離がある。物質的な距離と心の距離、、、切ない。

IMG_0925.jpg

 

 

 

 

でも、もう、いいんだ~

 

いつものことだし。

 

私だって、不機嫌になることあるし。

 

あんまり気にしないぞ~

 

 

 

すこし、海岸線を歩く。

あの、岬が”地の果て”らしいです。

IMG_0930.jpg

 

Ceeからは約8km。

いつもだったら休憩なしで歩ける距離だけど、

ちょっと足が痛くなったので、休憩しようとしたら、

 

 

 

「もうちょっとだから、頑張ろう」

 

 

 

と、なぜか休みなく歩くビーバー。

※後で気付いたけど、宿の満室を心配していたのだと思う

 

 

 

この写真好き。ビーバーがより巨大に感じるからw

IMG_0934.jpg

 

真っ青な海~

こんな海を見ながら休憩したいな~と思ったのに、

やっぱり、休憩しないビーバー。

IMG_0936.jpg

 

だんだん、ビーバーが自分勝手に思え始めて、イラッとしてくる。

 

 

 

「私一人でも公営の宿に行けるから、先に行ってて」

 

 

 

と、言ったのに、なぜか「もうちょっとだから」とやっぱり休ませてくれない。

 

景色はすごくいいのに、気分と体調は最悪。

IMG_0937.jpg

 

 

 

 

「すぐ着くから」

 

 

 

と、言われて歩き続けて、もうすでに1時間くらい歩いてるんですけど、、、

 

 

 

私の機嫌も体力も限界で、

 

 

 

 

 

 

 

ものすごーーーーーーーーーーーーーーーく、イライラしながら歩く私。

 

 

 

 

 

 

 

今思えば「もういい!」って言って、休んじゃえばよかったんだけど、

やっぱり心のどこかで、

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビーバーと一緒にFinisterraに行きたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

って思いがあったから、どうにか着いて行った。

 

 

すんげーーーーーーーーーーーーーー、機嫌悪かったけどねw

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごめんなさい」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、日本語でマヌケな顔で謝ってきたビーバーw

 

 

 

私はこれに弱いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、30分ほど歩いて、Finisterra フィニステーラに到着!!!!!!

最後の最後、かなり辛かった!!!!!

 

いつも通り公営の宿へ行ったら、満室、、、涙

 

とりあえず、ここで発行してもらえるスタンプと証明書をいただく。

 

 

 

 

それから、ビーバーに宿まで案内してもらって、

私営の宿に荷物を降ろす。

 

 

 

「今日は、すごくストレスが溜まったよ」

 

 

 

と、話し始めたビーバー。

 

一瞬「私のせい?」と思ったけど、そうではなかったので一安心。

 

どうやら、ズボンのファスナーが壊れてしまって、

そのストレスらしいけど、、、決してそれだけではないですよね?

ビーバー、、、。

 

 

 

ストレスフルなビーバーはさっさとシャワーを浴びに行った。

私もストレスフルだけど、ハーフムーンとチョコさんに、

「この宿に滞在しているよ」というメモを公営の宿の前に張りに行った。

 

 

 

メモを貼って、スーパーでビールとドーナツを買い、

やけ酒のように飲みながら宿へ帰る。つまみはドーナツw

 

 

 

私だって、かなりイライラしてますよ!

 

でも、優しい私はビーバーの分のビールもちゃんと買っていく!

 

あ~なんて優しいのかしら~

 

 

 

と、誰も褒めてくれないので、自分で自分を褒める。

 

 

 

宿に帰ったら、シャワーを浴びてスッキリした顔のビーバーが。

 

 

 

 

 

 

 

 

イラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

「マーイー!何食べてるの?ちょうだい~

あれ?もうビールも飲んでるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヤダ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「マーイー、何でだよ~ ちょうだいよ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヤダ!」

 

 

 

 

 

 

 

しばらく、同じ会話を繰り返し、

とうとうビーバーは諦めたw

 

 

 

そうなるとかわいそうな気分になったので、

ビールとドーナツを与える優しい私。

 

 

 

何やってるんだろう、、、私。

と、今は思えるけど、その時は相当イラついていたのでした。

 

 

 

シャワーを浴び、ゆっくり休もうと思ったら、

すでに夕日を見に行く時間だと言われ岬に向かう。

 

相変わらず、スタスタ先に行ってしまうビーバー。

 

もう、追い付こうという気も起こらず、

そして、平静を装う気も起こらない。

 

ものすごくムスッとした顔で歩いていたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マーイー、なんでそんな怒った顔してるの?

日本人は怒らないんでしょ?」ビーバー

 

 

 

 

 

 

 

 

と、マヌケな顔で言いながら、手をつないできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おめーが訳わからなく機嫌悪くなって、

私が休みたい時に休ませてくれなくて、

疲れてんだよ!このマヌケやろう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、言ってやりたい気分だったけど、マヌケな顔で言われて、

その気も失せた。

 

 

 

でも、つい日本語で、

 

 

 

「さっきまで自分が機嫌悪かったくせに」

 

 

 

って言ってしまった。

 

 

 

それからは仲良く普通に歩いて、Finisterraの岬に向かう。

 

 

 

ビーバーと手をつなぎながら、最後の道を歩く。

 

微妙なケンカっぽいのを繰り返しながらも、

希望通りこの”地の果て”まで辿り着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神さま、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな想いを込めながら、ビーバーの手をしっかり握る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一面の沈む太陽を見た時、涙が出てきた。

IMG_0938.jpg

 

 

 

いつからか忘れたけど、歩いていて自分に決めたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caminoでは泣かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

『泣かないと決めた日』っていうドラマがあったけど、

いつの日か忘れたけど、決めた。

 

 

 

どんなに悲しいことや切ないことがあっても、

マリアの心で乗り切ろうと決めた。

 

 

 

せっかくの自分の大切な思い出を涙で汚したくなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思っていたのに、夕日を見たら自然と涙が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ~、ここまでいろいろなことがあったな~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、涙を流しながら巡礼路を振り返る。

 

 

 

とりあえず、座れそうな場所を見付けて、夕日を見入る。

IMG_0941.jpg

 

 

 

 

ちょっと感動に浸っていたら、、、横でバナナを食べ始めるビーバーw

 

 

 

 

 

さすが、マヌケスト。

こんな時にバナナ食べるなんて天才過ぎるw

 

 

 

ビーバーに対する想いはたくさんあるけど、

一番心を素直に表現するとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、言葉しか思いつかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Thank you,ありがとうね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、伝えてしばしボーッとビーバーと一緒に夕日を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごく久しぶりに感じる幸福感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに幸福感を感じる日が来るなんて、、、

私の人生もまだ捨てたもんじゃないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばし、その幸福感に浸る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハグしよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、最後にハグをした。

サンティアゴでは感動のハグはしなかったけど、

ここでゴールの感動的なハグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人きりで、じっくりFinisterraを感じ、

チョコさんたちがいる所へ行く。

 

目の前でチョコさんたちがいい感じに写る。

IMG_0946.jpg

 

 

 

 

ハーフムーンは現れず、、、。

 

 

 

ここでビーバーの写真を撮る撮らないで、

ちょっとふざけていたら、ビーバーがキレた。

一瞬何のことだか分からなかったけど、

 

 

 

「マイ、そんなこと言われたら、怒ってもいいんだよ」

 

 

 

と、チョコさんに言われて、やっぱりビーバーは今、

ひどいこと言ったんだなと現実を目の当たりにする。

 

 

 

ふざけていた私も悪かったなと反省して、

 

 

 

「ごめんね。ドイツ人は怒らないんでしょ」私

 

 

 

と、さっきビーバーに言われたことをそのまま伝えたけど、、、

全然、機嫌が治る気配がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プチーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

 

 

 

 

 

 

 

何だこいつ?

 

 

 

そもそも、おめーは日本人が写真を撮りたがるのを、

バカにしていたよな!

 

 

 

なんだかんだ言って、写真撮りまくっているじゃないか!

 

 

 

しかも、自分が写っている写真を!

 

 

 

おめーこそ、写真に依存してるだろうが!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ちょっと過激な発言も脳内で妄想しつつ、

それでも、限界なため、飲んでいたワインをさっさと飲み終え、

荷物をまとめて、移動の準備開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どこか行くの?」ビーバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うん、こんなところいたくない」私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わかったよ、今気持ちを入れ替えるから、、、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、少しは機嫌を直す努力をし始めたビーバー。

 

 

 

この手の”もういい!”っていう行動って、

今回のように”止めてもらうのを前提”にやっていることが多い。

 

今回はうまく転がったけど

 

 

 

「あっそう、勝手にしたら」

 

 

 

って、言われたら後悔の嵐。

 

 

 

私も大人げなかったな、、、と反省。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てか、素晴らしい夕日を前にして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後にして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてくだらないケンカしているんだろう、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分を落ち着かせて、夕日に見入る。

IMG_0951.jpg

 

 

昔の巡礼者はここ”地の果て”で、

巡礼用の服を燃やし、過去の自分に別れを告げ、

新しい(穢れのない)自分に生まれ変わったらしい。

 

 

 

 

私も最後に醜態を見せてしまったけど、

そんな自分とおさらばして、気分を入れ替えよう。

 

 

 

 

夕日を見ると、ホームシックになる。

夕日は母を思い出させる。

夕日のように大きくて全体を包んでくれる母のような存在。

IMG_0960.jpg

 

 

 

 

今まで数々の夕日を見てきたけど、

今日の夕日はなにか”特別”なものを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きっと、この夕日を見るために、私は旅に出たんだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、感じられるような。

 

 

 

ピランで感じた「ここだったんだ」という思いが、

Finisterraにもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日を見て、寒くなってきたので、宿へ帰る。

 

 

 

相変わらず、後ろも振り返らずスタスタ歩くビーバー。

私は別の友だちと会話をしながらゆっくり歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中で”振り返り”私を待っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あら、そんな気の利いた行動できるんだw」私の心の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、仲良く一緒に手をつないで宿へ帰った。

 

 

 

明日は、早起きしなくてもいいので、夜はPC作業。

そうしたら、またまた時差を越えてオミツさんがSkypeで連絡してくれた。

 

 

 

・無事、サンティアゴにゴールできたこと

・やっと記念日が上書き保存できたこと

・その先の”地の果て”にいること

・マリアの心になろうと努力しているけど、なりきれていないこと

・「もう十分!」って言われたこと

・くだらないことでケンカしたこと

・夕日を見て母を思い出したこと

 

 

 

「ごめんね~、今日もいろいろあって感情高ぶってきちゃった」

 

 

 

など、ここ数日間にあったことを泣きながら話すw

 

 

 

私は今まで彼氏に対して”だまって大人しくついていく”タイプではなかった。

でも、そんな風になれる女性に憧れていた。

 

 

 

今回、巡礼路でビーバーと接している自分は、

確実に”だまって大人しくついていく”タイプだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼を信じ、

彼と歩くことだけを望み、

それ以外多くは望まず、

多くを口にせず、

ただひたすら、

黙ってついていく。

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、母は父に”だまって大人しくついていく”タイプだな。

 

 

 

そういえば、母はいつもマリアの心(見返りを求めない)で生きているな。

 

 

 

そうか、母っていつもこんな気持ちで生きているんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、始めて母の気持ちがわかった。

 

 

 

そうしたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「外国人と接していて始めてヒロPさん(母)の気持ちがわかるって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フミオ(父)はやっぱり、外国人だね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、オミツさんwww

 

 

 

確かに!!!!!!!と二人で大爆笑。

 

 

 

あー、最初は真面目な話ししていたのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

また、フミオさんにおいしい所持っていかれちゃったよ~

 

 

 

 

 

 

 

私とオミツさんのSkypeはなぜかいつも父の話、

たまに”フミオならこんなことやりそう”という妄想の話、

になってしまうのでした。

 

 

 

オミツさんと話していて、

 

 

 

・母はマリア

・父は外国人

 

 

 

という結論に至ったのでした。

 

 

 

最初は泣いていたけど、最後は大爆笑。

オミツさん、いつもありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ビーバーとケンカもしたけど、

ビーバーも自分の感情を見せてくれるようになった、

また少し近くなれたと思えば、いいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もありがとうございました。

おやすみなさい。

Leave a Reply