38日目 涙のお別れ (2012.09.28)

滞在地:フィニステーラ Finisterra

距離:0km

宿:€10

買ったもの:レギンス


9時過ぎに起きる。久しぶりに朝寝坊。

朝から気分が重い。

 

本当は今日公営の宿に移動してハーフムーンと合流しようと思ったけど、

朝からビーバーは「もう一泊ここに泊まる」と言い出す。

 

すぐに、ハーフムーンにskypeしてみた。

彼女は、昨日フィニステーラに到着と同時に発熱、、、

今朝はだいぶ下がったようだけど、このまま同じホテルに滞在するというので、

私もそのままここに滞在することにした。

 

ハーフムーンと10時半に公営の宿の前で待ち合わせ。

 

 

 

ビーバーは誰かとキッチンで朝食。

 

私は朝食前にヨガと瞑想。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか、朝から気分が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、夕日を見ていた時に勃発した些細なケンカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

解決したのに、なぜか思い出しムカつきをしていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーとうまく話すことができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガと瞑想で落ち着かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガをやっていたら、宿のスタッフがマットを貸してくれた。

 

瞑想をしていたら同じスタッフが部屋の扉を閉めて集中させてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて、温かいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーンと待ち合わせの時間になったので、

一人で行こうとしたら、ビーバーもついてきた。

 

 

 

 

「今会わなくても、夕方夕日見に行く時に会えるでしょ?」私

 

 

 

「え?今日も行くの?僕は昨日見たから今日は行かないよ」ビーバー

 

 

 

「あ、そうなんだ、、、じゃあ、今会っておいた方がいいね」私

 

 

 

そうだった、この人朝日とか夕日とか太陽にあまり興味なかったんだ、、、。

 

 

 

公営の宿ので待っていたら、ハーフムーン登場。

発熱したけど、一気に上がって一気に下がって、もう大丈夫だって。

 

ビーバーはネットをしに出かけた。

 

 

 

二人でカフェに入って朝食。

 

昨日のケンカ話しを聞いてもらって、私の中でも笑い話に変える。

 

 

 

それから、二人でしんみり巡礼路を振り返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラルで、

たくさんの巡礼者を見た時、これだけ歩いた人の分だけ巡礼路があり、

人生があるんだなぁと思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、話してくれたハーフムーンの言葉が印象的だった。

 

 

 

私たちは同じ道を歩いてきたけど、歩いた人の数だけ道がある。

私の道は出会った人たちによって、彩りが追加された。

 

 

それと同じように、多くの人にとっての”特別な道”になったと思う。

 

 

 

ハーフムーンも問題や悩みを抱えながら歩き、

自問自答を繰り返し、笑い、怒り、泣き、悲しみ、

いろいろな感情の自分と向き合ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテドラルで、きちんと幕が下りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とも言っていた。

 

 

 

彼女の言葉から、たくさんの気付きをもらった。

こうして、日本語で自分の感情を話せる相手がいて、

私はどれだけ救われただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、泣きながら話していたけど、

まだ、お別れの時間には早すぎるw

 

 

 

一通り話して「買い物へ行こう!」と、街へ繰り出す。

 

 

 

と言っても、ここは小さな街。

おしゃれなお店があるわけがない、、、。

 

 

 

諦めて海沿いをプラプラしていたら、ビーバー発見w

3人で話していたら、チョコさんカップル登場w

 

 

 

なんとなく、また5人でプラプラ。

IMG_0962.jpg

 

正直、自分の感情がうまく整理できていない私は、

ビーバーとあまり一緒にいたくなかったので、距離を置く。

IMG_0963.jpg

 

海を見ながら、しばしボーッとする。

IMG_0968.jpg

 

気付くと、、、ハーフムーンとチョコさんの彼女

IMG_0966.jpg

 

ビーバーとチョコさん

IMG_0972.jpg

 

みんなそれぞれ少し距離を置きながら、海を見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれが、それぞれの巡礼路に別れを告げている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな雰囲気だった。

 

 

 

それから、しばらく街プラしていたけど、みんな口数が少ない。

IMG_0976.jpg

 

ぶっちゃけ、この人たち「どっか行かないかなぁ」と思う。

IMG_0978.jpg

 

その念力が通じたのか、チョコさんたちは食事へ、

ビーバーは明日の情報をもらいに公営の宿へ向かって行った。

 

 

 

一安心。

 

 

 

私は、ハーフムーンとレストランでビール。

※この巡礼グラス欲しい!

IMG_0981.jpg

 

それと、イカ。うま~~~い。

IMG_0979.jpg

 

ちょっと元気のないハーフムーン。

私も元気ないけど、おいしいもの食べて少し元気になった!

 

夕方、夕日を見るために待ち合わせをして、一旦宿へ戻る。

 

 

 

宿に帰ったら、ビーチに行くと張り切っているビーバーが。

 

 

 

「マイー、ビーチに泳ぎにいこうよ!」ビーバー

 

 

 

「ん~、寒いし疲れてるから行かない」私

 

 

 

「わかった。じゃあ、6時半に公営の宿の前で

チョコさんたち待ち合わせしたから、後でね。」ビーバー

 

 

 

「私とハーフムーンは夕日見に行くから」私

 

 

 

「そう、、、わかった。

あとで公営の宿で明日の巡礼路の地図をもらってきた方がいいよ」ビーバー

 

 

 

と、言い残し、マヌケな顔で海に泳ぎにいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、ビーバーの金魚のフン、卒業しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、岬へ向かう道で、ビーバーが、

 

 

 

「最後にCaminoときちんとお別れしたいから、一人で歩きたい」

 

 

 

と、明日のMuxiaへ向かう道は別々に歩くことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もそろそろ一人になった時の準備を始めないと、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から続くこのモヤモヤは、

 

 

 

 

 

 

 

 

一人になる恐怖感?

 

 

 

明日、一人で歩く道への不安?

 

 

 

昨日のビーバーとのケンカ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が引っかかっているんだろう。

 

 

 

ハーフムーンと今日がお別れだっていうのに。

 

 

 

ビーバーとももうすぐ、お別れだっていうのに。

 

 

 

最後くらい、スッキリと笑顔でお別れしたいのに。

 

 

 

何をうじうじしているんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、自分に嫌気がさして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よし!シャワー浴びて、気分を変えよう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、イヤな気分を水に流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果覿面!!!!!!!!

※てきめんってこんな漢字なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことでしょう~ あのイヤな感情がスッキリ。

と、ビフォアアフターの音楽が流れてきそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワーを浴びて、洗濯して下に干しにいったら、

明日の巡礼用の地図がレセプションにあった!

ラッキー。

 

 

 

ビーバーが戻ってきたら、普通にしよう。

 

 

 

チョコさんたちとも今日でお別れだから、

最後にお礼と挨拶をしに待ち合わせの場所に行こう。

 

 

 

不安に押しつぶされて、今を楽しまないなんて、いかん!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、気分を変えた時に、ビーバーが戻ってきた。

 

 

 

「こんなに寒いのに、本当に入ったの??」私

 

 

 

「うん、寒いけど気持ちよかったよ」ビーバー

 

 

 

「さっきは、待ち合わせに行かないって言ったけど、

チョコさんにちゃんとお別れしたいから、公営の宿まで行って、

それから夕日見に行くことにした」私

 

 

 

「僕も夕日見に行くよ。キミとハーフムーンともっと一緒に過ごしたいから」ビーバー

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が変われば、相手も変わる。

神さま、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

6時に待ち合わせして、チョコさんにお別れしようとしたら、

彼らも夕日を見にいくらしい、、、。

ということで、5人で向かう。

 

 

昨日説明が漏れましたが、街から夕日スポットまでは、約3km。

40分くらい歩きますが、私たち巡礼者はマゾなので、ヘッチャラです。

IMG_0983.jpg

 

途中にある、などの建造物を見に行く。

IMG_0986.jpg

 

上からは見えなかったけど、中はこんな感じ。

お墓ですか?これ。

IMG_0987.jpg

 

お気付きですか?

この日のカメラの設定がいつもと違っていて、

なぜか写真にポツポツと黒い汚れが写ってしまっているのです。

 

そんなの気付かず、ずっと撮り続ける素人。

ご了承ください。

IMG_0996.jpg

 

 

 

なぞの建造物見学後、チョコさんの彼女とビーバーが話し込み、

私とハーフムーンとチョコさんが一緒に歩き始めた。

 

 

 

なんとなく、私はスーッと先を歩き、自然とハーフムーンとチョコさんが一緒に歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話は聞こえないけど、「ありがとう」という言葉は聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーン!あんたは本当にいい女だよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、勝手に一人で感動していたのでした。

 

 

 

無事、日が沈む前に岬に到着。

IMG_0998.jpg

 

昨日は感動して写真を撮らなかったので、今日はしっかりと。

 

 

 

灯台。

※昨日これを撮る撮らないでビーバーとケンカした

IMG_1003.jpg

 

周りにはたくさんの巡礼者。

IMG_1005.jpg

 

特等席で夕日を見る。

IMG_1011.jpg

 

 

 

 

チョコさんカップル。

IMG_1021.jpg

 

 

左にはビーバー、右にはハーフムーン。

 

何度この人たちの間に挟まれて、幸せな時間を過ごしてきただろう。

 

気付くと、いつも3人だった。

 

時に、4人だったけど。

 

 

 

私の巡礼に大きな影響を与えてくれた大切な友だち。仲間。

 

 

 

数日前、父からのメールで、

 

 

 

「歩くスピード、芭蕉の心が分かるのでは。

俳句の一つでも読んでみては、どうでしょうか。」

 

 

 

こんな提案をいただいたw

 

俳句なんて詠めないよ~と思っていたけど、

Finisterraに来る道で、ふと思いついたので、ここで一句。

 

 

 

 

 

 

 

 

大切な 友と出会った 神の(Camino)道

 

 

 

 

 

 

 

お粗末様でした!

 

ハーフムーンと歩いた巡礼路に幕が下りました。

 

 

 

帰り道、きれいな月が現れた。

明日は満月らしい。

IMG_1037.jpg

 

 

 

歩きながら、いつもと違うしっとりとした韓国の歌を歌っていたハーフムーン。

 

 

 

ふと、

 

 

 

「明日は満月を二人でシェア(ハーフムーンにして)してね」

 

 

 

って。

 

 

 

いつも思うけど、この子会話のセンスがすごくいい!

 

 

 

それ以来、私は月を見るたびにハーフムーンを思い出すのでした。

 

 

 

そして、いよいよお別れの時。

チョコさんの彼女が「グループハグしたら?」とナイスな提案。

 

もちろん彼女も一緒に、みんなでハグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコさん、今まで本当にありがとう!

甘いものもありがとうねw

 

チョコさんの彼女もありがとう。

変に意識してしまってごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ハーフムーンを送りに一緒に宿へ。

 

 

 

実際のお別れが近付くと、人間強くなるんですね。

悲しさよりも、笑いの方が強くなるんですね。

 

最後は、二人でいろいろ思い出し笑い。

 

 

 

そして、いよいよ別れの時間。

 

 

 

「また日本か韓国で会えるから、大丈夫! またね!」

 

 

 

と言って、笑顔でお別れしようとしたら、、、

 

 

 

「マイさん、これ、、、後で吸ってください」

 

 

 

と、手紙とタバコ1本を差し出された。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく、笑顔でお別れしようと思ったのに、、、涙

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道、タバコを吸いながら、もらった手紙を読む。

 

 

 

 

 

 

 

 

『久しぶりの日本語なので、小学生みたいですけど、、、』

 

 

 

 

 

 

 

 

という書き出しから始まり、ハーフムーンの言葉が詰まっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大号泣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人になった途端、我慢していた感情が一気に溢れ出てきて、

大泣きしながら宿に戻った。

 

宿の外で落ち着かせてから、部屋に戻ろう思っていたのに、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角を曲がったら、大勢の巡礼者が外で、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bob Dylanの『Knockin’ On Heaven’s Door』を歌ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ますます涙が出てきて、大泣きしながら逃げるように部屋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドに逃げ込んで落ち着かせようとしたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーがまだ起きてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐにトイレへ行って、顔洗って落ち着かせる。

 

 

 

何事もなかったように戻ったけど、心配そうに見つめるビーバー。

 

 

 

「ハーフムーンとお別れしてきた。手紙くれたんだ」

 

 

 

って、話し始めたら、おさまった涙がまた溢れてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっと、優しく肩を抱き寄せてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは素直に甘えてビーバーの胸を借りて泣く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くには同室のおじさん座っているのにw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドミでイチャつくの反対なんですけど、

これはイチャついてるわけでないので、

許してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、心の中でおじさんに謝罪をし、しばらく気持ちがおさまるまで、

ビーバーに助けてもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと、おさまって明日のことを打ち合わせして眠りに就いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフムーン、チョコさん ありがとう、さようなら。

 

 

やっぱり、お別れは辛いですね。

 

 

でも、また会えると信じて、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

Leave a Reply