39日目 最後の日 (2012.09.29)

出発地:フィニステーラ Finisterra

目的地:ムクシア Muxia

距離:30km

宿:€5

捨てたもの:いつも履いていたズボン


朝目が覚めたら、気分はだいぶ落ち着いていた。

昨日は感情が高ぶって大泣きしてしまったけど、

きっと、横にビーバーがいてくれたから、あれだけ泣いたんだと思う。

 

一人きりだったら、切な過ぎてあそこまで泣けない、、、。

完全にビーバーに甘えてしまった。

 

しっかりしないと。

 

 

 

ベッドから降りると、先に目を覚ましていたビーバーの手が伸びてきて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままベッドの中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳元で何かゴニョゴニョ囁かれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然のこと過ぎて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーの言葉もわからなければ、この状況も把握できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして、状況がわかってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、トイレ行こうと思って起きたんですけどw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事、トイレに行き、戻ってきたらビーバーも廊下に出ていたので、

 

 

 

「さっきなんて言ったの?」私

 

 

 

「今日、ボクはMuxiaに行かないで14km先の所に泊まるけど、マイはどうする?」ビーバー

 

 

「私も、そうする」私

 

 

 

「マイはいつもそうだね」ビーバー

 

 

 

「だって、今日ここでお別れするのイヤだもん」私

 

 

 

「キミのこと好きだよ。でも、今日別れた方がいいと思う」ビーバー

 

 

 

「え?????????今日の方がいいの??????????」私

 

 

 

「違うよ、今日は難しいって言ったんだよ」ビーバー

 

 

 

と、こんなやり取りがあった(と思う)。

 

朝から、会話が噛み合っていない私たち。

 

 

 

一瞬聞き違えて、朝からお別れなのかと思って、目の前が真っ白になったけど、大丈夫そう。

 

 

 

身支度を整えてきたビーバーは、

 

 

 

「やっぱり、Muxiaに行くことにしたよ。公営の宿で会おうね」

 

 

 

と、、、さっき14kmだと思ったのが、一気に30kmになった、、、

 

 

 

「ダルいな~、バス乗っちゃおうかな」私の心の声

 

 

 

「ちゃんと歩くんだよ。歩いた証拠にスタンプもらうんだよ」ビーバー

 

 

 

「え?心の声聞こえた???」私の心の声

 

 

 

「わかった、じゃあ、Muxiaで」私

 

 

 

と、またもや金魚のフンに舞い戻り。

 

 

 

いいんです。それも、今日が最後だから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーが出発して、1時間ほどして出発。

 

今日はFinisterraから北上して、Muxiaを目指す。

巡礼路には、このような矢印がたくさんあるので、迷わない。

 

←M F→

IMG_1039.jpg

 

 

 

サンティアゴからフィニステーラに向かう道で気付いたこと。

 

 

 

S(Santiago)・・・ハーフムーンの本名の頭文字

F(Finisterra)・・・ビーバーの本名の頭文字

 

 

 

この道は、ハーフムーンからビーバーの道だ。

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

M(Muxia)・・・私の名前の頭文字

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

じゃあ、最後の日は、ビーバーから私の道だ!

 

 

 

という大発見をしたのでした。

 

 

 

すごくないですか?この偶然。

こんなことで、私たちの出会いを運命的なものに結びつけてしまう。

 

 

 

そんなことを考えながら、ひたすら黙々と歩く。

IMG_1041.jpg

 

IMG_1046.jpg

 

IMG_1047.jpg

 

IMG_1050.jpg

 

IMG_1053.jpg

 

IMG_1055.jpg

 

 

 

一人でガシガシ歩く。

 

でも、一向にビーバーの後ろ姿は見えてこない。

 

そして、ほとんど誰ともすれ違わない。

3時間ほど歩いて、たった3人くらい。

 

Muxiaから歩いてきた人も数名。

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いていて考えることは、やっぱりビーバーのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、むしろ一緒に歩いていた方が、ビーバーのこと考えなくて済むのでは?

と思うくらい、脳内がビーバーだらけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、途中で道に不安が出てくると、シンボルや矢印を探すので精一杯で、

ビーバーどころじゃなくなるw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間って単純だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるか死ぬかで”恋”なんてしてられないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

それでも、また道に安心し始めると、ビーバーのことを考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

巡礼を始めた頃は、いつもビーバーの後を追い、

そして、一緒にペースを合わせて歩くようになり、

後半は、出発から到着まで一緒に歩くようになった。

 

 

 

ビーバーがいたから、朝早くて真っ暗でも怖くなかったし、

道に迷う心配もなかった。

宿もいつもビーバーが調べて教えてくれた。

 

 

 

本当に、何から何まで頼っていたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバー、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

という感謝の気持ちを感じつつも、、、

 

 

 

お腹が空いて死にそう。

 

持っていたミカンはさっき食べてしまった。

 

カフェは見付からない。

 

トイレにも行きたくなってきた。

 

 

 

つ、つらい、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに早く歩いているのに、全然ビーバーに追い付かない、

 

 

 

「もしかして、Muxiaに行くと嘘をついて、本当はすでにお別れしていたのかも?」

 

 

 

と、とんでもない妄想が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つ、つらい、、、

 

 

 

体力も、気力もなくなってきた。

 

 

 

そんな時に目にした、こちらの看板!

「あと、3km頑張るぞ!」

IMG_1057.jpg

 

と気合いを入れて歩いていたら、海が見えてきた!

IMG_1060.jpg

 

 

 

そうしたら!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーのマヌケな後ろ姿が見えた!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった~、お別れじゃなかった!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワー全開で、ビーバーに向かって一直線!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーも私に気付いて、ビーバースマイルで待っていてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「やっと会えた~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、抱きつく勢いで向かったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっと、ビーバーの後ろから、顔見知りの女性が登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人がいたので、抱きつきはせず、笑顔で喜びを表現。

 

 

 

「あ~、超疲れた~ カフェがなくて休憩できなくて大変だったね~」私

 

 

 

「え?ボク達はカフェ見付けたよ」ビーバー

 

 

 

「ん????ボク達????一緒に歩いてたの????」私の心の声

 

 

 

またもや、私のやきもちが出てきそうだったけど、

「ま、私が口出すことじゃないし」と、どうにか静めて、

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでと同じペースでガシガシ一人で歩き始める。

 

 

 

 

 

 

 

 

(それが、いじけてるって言うんですよ!)

IMG_1063.jpg

 

IMG_1064.jpg

 

IMG_1067.jpg

 

無事、Muxiaに到着!

IMG_1070.jpg

 

ふと、後ろを振り返ったら、ビーバーは一人で歩いていたので、

写真を撮りながら、ビーバーを待って、一緒に宿へ。

IMG_1072.jpg

 

やきもち焼いてごめんなさい。

IMG_1075.jpg

 

 

 

宿でMuxiaまでの巡礼証明書を発行してもらった。

 

 

宿についてすぐに私はwifiを探しに街へ。

今日は、地元でオミツさんの誕生日パーティーをやっているので、

skype参戦したかったので!

 

何軒ものカフェに行ったけど、どこもwifiがない、、、

どうにか、見付けて連絡したけど、すでに解散していた、、、

残念。

 

とりあえず、カフェで腹ごしらえ。

DSC05488.jpg

 

 

食事を済まして、宿に戻ってすぐにシャワーと洗濯をして、海岸へ。

 

向かう道で、明日の話しをする。

 

 

 

「ボクは明日の朝のバスでサンティアゴに戻るけど、マイは?」ビーバー

 

 

 

「私も朝の便で行く。次の便は夕方だし」私

 

 

 

「サンティアゴで1泊するけど、マイは?」ビーバー

 

 

 

「私もそのつもりだけど、、、一緒に行ってもいい?」私

 

 

 

「悪いけど、最後に一人の時間が欲しいんだ」ビーバー

 

 

 

「わかった、じゃあ私はそのままバスでポルトガルに行く。

明日、バスターミナルでお別れだね」私

 

 

 

と、想定していた日より、1日早くお別れすることになった。

 

 

 

ってことは、今日が最後の夜ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

とうとう、その日がやってきてしまった、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやに「マイはどうするの?」と聞いてくるから、

きっと別々に行動したいんだなとは思って覚悟は決めていたけど、

やっぱり、辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、しょうがない、、、。

 

 

 

岬の教会を通り、

IMG_1076.jpg

 

岬へ向かう。風も強くて寒い。

IMG_1082.jpg

 

先を歩いていたビーバーが何やら、地元の人と話している。

何事かと思って近付いてみると、溝にはまってしまった車を出そうとしている。

 

 

 

結局、近所の人たちが板などを持ち寄って、無事救出。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホント、優しいんだよね、ビーバーって。

 

 

 

困った人がいると放っておけないタイプ。

 

 

 

そういうビーバーが好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

岬にある巨大オブジェ。

IMG_1085.jpg

 

聖ヤコブがスペインでの不況の不振に悩み、祈っていたとき、

聖母マリアが舟に乗って現れて聖ヤコブを励ました場所に建てられたという教会。

※ガイドブック参照

IMG_1090.jpg

 

この教会を背に写真を撮って欲しいとビーバーに言われ、

強風のなか必死に撮っていたら、

 

 

 

「違うよ!教会じゃなくて、風に吹かれているボクを撮って欲しいの!!!!!」ビーバー

 

 

 

と、キレ出すビーバー。

 

 

 

「だったら自分で勝手に撮れよ!」

 

 

 

と、日本語で文句を言って、ビーバーにカメラを渡し、その場から離れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

またもや、カメラでケンカw

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつは、人に撮ってもらっているという感謝の気持ちがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は、お前の専属カメラマンじゃないんだよ!クソ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

と、心の中で毒を吐き、ビーバーとは逆方向に歩き、写真を撮り始めた。

 

 

 

 

 

 

 

「向こうの教会に先に行ってるね」ビーバー

 

 

 

私の怒りを察したのか、弱々しい笑顔で言ってきた。

 

 

 

「うん(勝手にすれば)」私

 

 

 

最終日なのに、、、でも、怒りは治まらない。

海を見ながらタバコを吸って、落ち着かせる。

IMG_1091.jpg

 

 

残念ながら教会は開いてなくて入れなかったようで、

ビーバーが私の横にやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごめんなさい(日本語)」

 

 

 

 

 

 

 

 

マヌケなビーバースマイルと合掌で来られたら、、、

笑っちゃいますよねw

 

 

 

やっぱり、これに弱い私です。

 

 

 

しばらく、強風に煽られながら、海を見る。

Finisterraが太平洋のようなイメージなら、

Muxiaは荒波の日本海。

 

 

 

最後にここって、、、

 

 

 

 

 

 

 

切ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、夕方から最後のミサへ。

 

 

 

海沿いのすごく小さな古い教会でのミサ。

 

 

 

今まで何度ミサに行っただろう。

巡礼を始めるまで、教会へはしょっちゅう行っていたけど、

ミサに参加することはなかった。

 

最初は、ビーバーと一緒に行きたいという、

ちょっと不純な気持ちもあったけど、

教会へ行って、祈りながら深呼吸して、すごく気持ちが落ち着いた。

 

いつも教会に助けられていた。

 

そんな風になれたのも、巡礼とビーバーのお陰。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

終わってから、さっきとは別の海岸へ、夕日を見に行く。

IMG_1098.jpg

 

ほとんどの人はさっき行った海岸へ行くらしく、

周りは誰もいなかった。

IMG_1100.jpg

 

とうとう終わってしまった。

 

私たちの巡礼も。

 

 

「終わらせたくない」

 

 

 

と、言っていたビーバー。

 

私も同じ気持ち。

 

そこに道があるのなら、歩き続けたい。ずっと、、、一緒に。

でも、ここで終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ現実を受け入れなくてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも一緒にヨガをやっていた時に、

 

 

 

「ドイツに帰ってから、部屋でヨガやりたいから、

レッスンをビデオに撮らせてよ」ビーバー

 

 

 

「え?!ヤダよ。明日ね」私

 

 

 

と、いつも拒んで撮らせなかった。

 

写真に撮られるのも好きじゃないし、

別れたあとに、見られるのもイヤだったから。

 

 

 

そうしたら、一緒にやっていたヨガの一連の流れを、

ケータイに一生懸命、メモを取るビーバーw

 

 

 

 

ヨガの最後にやる、

 

 

 

自分に対する”ナマステ”

 

神に対する”ナマステ”

 

仲間に対する”ナマステ”

 

最後に先生に対する”ナマステ”

 

 

 

これは、きちんと覚えていたビーバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

超かわいい~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

私はこのおマヌケビーバーの”ナマステ”にメロメロです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、ヨガを通じて距離を縮めていった。

 

 

 

ビーバーはヨガをやっている私を好きになってくれたのかな?

 

 

 

ヨガをやっていてよかった。

ビーバーのことだけでなく、身体的にも精神的にも支えになってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、ヨガがある。

辛い時には教会に行けば、助けてもらえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

一人でも大丈夫。

 

 

 

私はそんなに弱くない。

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーとの巡礼にも幕が下りました。

IMG_1107.jpg

 

 

 

夕日をみながら、ハグ&キス。

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後に、ビーバーが手紙をくれた。

 

 

 

 

 

 

 

「ありがとう。今は読めない、、、明日バスの中で読むね」

 

 

 

 

 

 

 

ビーバーにしては、めずらしく気の利いた行動、、、

ハーフムーンの影響かなw

 

 

 

 

 

 

 

 

夕日を見て、レストランで夕食。

 

サラダとパスタをシェアして、メインは魚料理

そして、20度と高めの赤ワイン

 

 

 

 

 

 

 

料理を待っていた時に、ふと外を見たら、

大きな満月が出ていた。

 

 

 

「あ、ハーフムーンだよw」

 

 

 

と、私たちは約束通り、満月をシェアした。

 

ハーフムーン、、、バルセロナに無事に着いたかな。

 

 

 

 

 

 

 

料理が来て、ビーバーがサラダにこしょうを振りかけていたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

ふたが外れて、こしょうまみれwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後に”マヌケスト”を発揮してくれましたwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがやな~、ビーバー。

やっぱ、持ってんね!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の二人きりのディナー。

 

 

 

ちょっと緊張したけど、ワインが甘くて飲みやすくて、

 

 

 

ガブガブ

 

 

ガブガブ

 

 

ガブガブ

 

 

ガブガブ

 

 

 

「マーイー、飲み過ぎじゃない?

 

 

 

ボクはドイツ人で男。

 

 

 

マイは日本人で女。

 

 

 

なのに、ボクより飲むなんて、、、。

 

 

 

アジア人ってもっと、お酒弱いと思ってたよ」

 

 

 

と、ビーバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

私、酒豪のドイツ人を呆れさせるくらいの、

酒飲みだったようです!

 

 

 

 

 

 

 

ぜんぜん、かわいくない、、、涙

 

 

 

 

 

 

 

 

食事を終えて、宿に戻って、私は外でタバコを吸いながら、

ビーバーからもらった手紙を読む。

 

 

 

泣いちゃうかな?と思ったけど、

すごく冷静に最後まで読んだ。

 

 

 

 

 

 

 

もう、明日から一人。

泣いても誰も助けてくれない。

 

 

 

 

 

 

 

強くならなくちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

でも、ビーバーの手紙をまだ心が受け止めきれない。

 

 

 

 

 

 

 

もう少し、あと少しだけ、、、

現実逃避させてください。

 

 

 

 

 

 

 

お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

Leave a Reply